チャレンジワークでは、回数を重ねるごとに効率と仕上がりの良さを求め、各々が率先して創意工夫・協力をするように変わってきました。これは社会のどんな場面でも役立つ力です。チャレンジワークで身につけた力を、これからの活動で見つける「未来の就職先」で生かしていけるよう、今後も活動を継続していきます。